ブログ

若者に刺さる原稿表現とは…!?

初めまして、制作在籍2年目の九州男(くすお)と申します! 今月から制作メンバー全員でブログを執筆することになりました。 月イチで登場しますので、何卒よろしくお願いします!

さて今回は、若者の目を惹く原稿表現についてお話したいと思います。 先日、こんなことがありました。 当社がお手伝いをし、リクナビネクストに求人を掲載しているお客様から

「応募は集まっているのですが、いかんせん年齢層が高くて…。若手も採用したいんです」

と担当営業へご相談が。話し合いの結果、掲載が終了する最後の2週間は若者向けの原稿へ変更することになり、私にその仕事が任せられました。 募集職種は測定器の営業。社会貢献度の高い商材ではあるものの、あまり一般的には知られておらず、やりがいを伝えるだけでは若者の目に届きにくい。 そこで私は、測定器たちが読者に話しかける「擬人法」を使い、目を惹くポップな原稿を作成しました! 「変えるならこれぐらい変えた方が良いですね!」とお客様は評価してくださいました。

人手不足が叫ばれている昨今、フレッシュな人材は奪い合いの状況です。 もし、若手の採用に苦戦されているようでしたら、思い切って一際目を惹くポップな求人広告を作ってみませんか? ご依頼、お待ちしてます! 九州男でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お問い合わせ

株式会社林企画 TEL 03-3498-7111(代表)
ページ上部へ戻る