お知らせ

9.182019

【中途】第二新卒採用のすすめ

市場で動いている第二新卒者は14万人近く!転職時に知りたい情報とは?

◆第二新卒者数はおよそ14万人

平成27年の大卒就職者数441936人のうち、3年以内での離職者数は31.8%の140535人となります。離職後に独立起業した人や海外への移住をしたというケースもあるかとは思いますが、多くの人が次の転職先を探しています。では、実際に転職を考える「第二新卒者」は企業の何を知りたがっているのか、代表例を2点ご紹介します!

◆第二新卒者が転職時に知りたい情報

【1】多くなくても『休日・休暇、有休取得日数』について知りたい

「ワーク・ライフ・バランス」という言葉に代表されるように、給与面よりも、「休日・休暇」を気にする若手転職者は多いです。「年間休日」や「有休取得日数等」については書いていないことが疑念につながり、応募をためらわれてしまいます。同業他社に比べ少なくても、明記した上で、他の差別化ポイントをアピールすることが大切です。

【2】入社後すぐに何をするのか、リアルな1日のスケジュールが知りたい

3~5年後にできる仕事のイメージを、入社後すぐにできる仕事だと思い、「入社前に思っていた仕事とギャップがあった」という転職理由につながっているケースが多くあります。長期的なキャリアプランも大切ではありますが、入社後すぐに何をするのか、具体的なイメージが持てる情報提供も大切です。

 

リクナビNEXTでは「第二新卒特集」という特別導線をトップページに設置しています。特集ページ内は原稿サイズに関わらずランダムで、特集用に写真を一枚ご掲載いただけます。第二新卒者の採用をお考えの際には、ぜひご相談ください。

 

 

 

過去の記事

  1. 2.142020

    *増加する外国人労働者*~求められる日本企業~

    【日本における外国人労働者数】令和1年10月末時点(※最新データ)で外国人労働者数は1,65...

  2. 1.162020

    人事担当の負担も解消!?新卒・中途の入社時期を一緒にするメリット

    2020年を迎え、新年度に向けた体制の見直しや新卒入社する社員への準備などで、少しずつ慌ただしくなる...

  3. 12.132019

    人材紹介サービス概要通信

    こんなお悩み有りませんか?・社員募集をしてもなかなか良い人材と出会えない。

お問い合わせ

株式会社林企画 TEL 03-3498-7111(代表)
ページ上部へ戻る