お知らせ

9.142020

【中途】秋は転職の季節!「希望退職者を募集する企業」と「求職者の増加」

≪上場企業「早期・希望退職」が増加≫

2020年に早期・希望退職者募集を開示した上場企業は、8月13日までに52社に達しています。8月半ばで50社を超えたのは2012年以来、8年ぶりだということで、今後も増加していく事が予想されます。また、52社のうち、新型コロナウイルスの影響を要因に挙げているのは15社で、7月からの1カ月半で7社増加しました。業種でみると、アパレル・繊維製品が8社で最多となりました。某大手アパレルは今年度中に、300以上の店舗を閉店すると発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの企業は急激に業績が悪化しています。こうした状況を背景に、上場企業は人員構成の見直しを急ピッチで進めています。

※出典元:東京商工リサーチ/資料は「会社情報に関する適時開示資料」などに基づく/募集人数で募集枠を設けていないケースは応募人数をカウント(2020年8月13日時点)

 

希望退職制度を利用すると、ほとんどの場合割り増しの退職金を提示されます。また失業給付金をすぐに得ることができ、給付期間が長い為、退職後にじっくりと集中して転職活動に臨もうと考える方が多いです。求職者が退職後に転職活動をすることで、面接日程が組みやすくなります。また、入社までの期間が短くなり、企業側もスムーズに採用活動を進めることができます。

 

≪応募者が増える秋に、スピーディーな対応を!≫

※リクナビNEXT2019年9月~11月「月末時点の会員登録数(前月差分)データ

 

9月から10月にかけては、冬の賞与を貰った後の1月入社に向けての動きや、人事異動や転勤の辞令がでるタイミングでもあり、多くの転職者が動く時期です。実際にリクナビNEXTの会員数の推移でも10月は登録数が多くなっています。(上記グラフ)

媒体への掲載は始めたものの、「応募者が多く管理画面上での書類選考が大変でなかなか手が付けられない」「応募検討へのアプローチメールがなかなか送り切れない」等のお声もいただきます。当社では、「応募者管理代行」も行っております。応募者や検討者には時間をあけず、すぐにコンタクトを取ることがとても重要です。広告費+採用OS費を含めたお得なプランもご用意しております。お悩みの場合はぜひご検討下さい。

【料金例】

・応募者対応代行(一次スクリーニング、面接日程調整、不合格通知送付):¥50,000~

・こだわりアプローチ送信代行(応募検討者へのアプローチメッセージ作成⇒スクリーニング⇒送信):¥50,000~

※原稿の掲載サイズやスクリーニングの条件によって、価格は変動します。早めに採用活動に向けて準備をし、動き出しましょう!気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

過去の記事

  1. 11.132020

    【中途】リクナビNEXT/検索ワードで応募数UPも!無料特集のご案内

    ≪リクナビNEXTフリーキーワード検索ランキング≫求人媒体であるリクナビNEXTでは転職者が...

  2. 10.132020

    【新卒】今年の内定率からみるコロナ禍の内定取得の中身と内定者フォローのポイント

    ≪就職内定率は88.7%≫2020年10月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は88...

  3. 9.142020

    【中途】秋は転職の季節!「希望退職者を募集する企業」と「求職者の増加」

    ≪上場企業「早期・希望退職」が増加≫2020年に早期・希望退職者募集を開示した上場企業は、8...

お問い合わせ

info@hayashi-kikaku.co.jp

電話番号(代表):03-3498-7111

ページ上部へ戻る