ブログ

  1. 表現の工夫よりも、まずは採用課題を正しく把握。

    「前回の採用がうまくいかなかったので、今回はエッジの効いた求人広告を出したい。」といった場合。 私たちは、まず課題の把握と分析を行います。 例えば、「単純に幅広い多くの人に自社の求人を知ってもらいたい」ということであれば、広告内の目を引くキャッチコピーや奇抜なデザインも有効です。

  2. 取材相手の緊張をほぐす方法とは…!?

    こんにちは、九州男(くすお)です! 7月中旬まで肌寒い日が多かったのに、すっかり夏ですね。私は気温が高くなると「えっ、お風呂あがり?」とビックリされるぐらい大量に汗をかくので、真夏は着替えが必須になるのですが、なんだかんだ毎年夏を満喫しているので、今年も楽しみます! フェスとか行きたいですね~。

  3. 「冷暖房完備」だって、立派なメリット。

    犬太郎です。最近とても暑くなってきましたね。冬生まれのせいか、夏はとても苦手です。でも、暑い屋外からクーラーの効いた室内に入ったときの気持ちよさは大好きです! 今回は、求人での押し出しポイントについて書こうと思います。

  4. じぶんの足で得た情報と、第三者から得た情報のちがい。

    取材に行くとつくづく思うのですが、やはりじぶんの足で得る情報に勝るものはないなと。普段は営業社員から情報を得て原稿制作を行う流れですが、決して「その情報の質に差がある」という意味ではありません。

  5. 視覚から得られる情報は、とっても重要です。

    はじめまして!制作経験2年目の「犬太郎」と申します。 休憩時間には愛犬の写真を眺めて癒されながら制作に励む毎日です。 ところで、可愛い犬のサムネイル画像をみて、ついついこの記事が気になってしまった…なんて方いらっしゃいませんか?一般的に、動物画像は、人々の目を引きやすいと言います。

  6. 「お客様」+「営業」+「制作」の、質の高いタッグを実現するために。

    はじめまして。 制作部のメガネ男子、マックスです。 今回私からお伝えするのは、弊社制作部のスタンスです。 弊社では「制作同行プロジェクト」として、制作が営業と一緒にお客様先へ伺い、採用ニーズのヒアリングや商談など、一連の流れを協業しています。

  7. 若者に刺さる原稿表現とは…!?

    初めまして、制作在籍2年目の九州男(くすお)と申します! 今月から制作メンバー全員でブログを執筆することになりました。 月イチで登場しますので、何卒よろしくお願いします! さて今回は、若者の目を惹く原稿表現についてお話したいと思います。 先日、こんなことがありました。

  8. イラストなら広告費を大幅に削減できる!

    初めまして。制作部に在籍し8年目になる全力マンです。今回私が全力でアピールしたいのは、「ぜひイラストをお試しください!」ということです。

  9. フェアに参加するならブースデザインを!

    いまや採用に不可欠になった就職フェアや転職フェアイベント。昨年あたりからブースデザインのご相談が急増しております。学生さんをはじめ、会社選びを行う求職者にとって、ブースデザインは会社の本気度や器を示す材料となり、簡素なブースは魅力的に欠けるという声がアンケートからわかっています。

  10. 求人広告とSNS広告の連動型商品が始動いたしました。

    有名ジュエリーブランドを手掛ける外資系企業さまが、一部店舗での販売スタッフとして、新しい若手層を取り入れるご意向を示されました。

お問い合わせ

株式会社林企画 TEL 03-3498-7111(代表)
ページ上部へ戻る